脳ドック

当病院では専門医による脳ドックを実施いたしております。

脳ドックとは?

まだ自覚症状のない方を対象にMRIや採血検査、問診等を行い脳の病気の早期発見を目的とする脳の健康診断です。

脳ドックで認知症の診断も可能?

日本国内の認知症患者数は平成24年の統計で約462万人、65歳以上の高齢者の15%が認知症と診断されたことになります(厚労省発表)。認知症の予備軍といわれる軽度認知症(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備軍となる計算です。

認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症は進行性の病気で発症してから日常生活に支障がでるまで5〜10年の期間があるといわれています。

脳ドックで認知症の予兆を発見することで、病気の進行を予防したり緩やかにしたりする対策をとることができます。

当院では通常の脳ドックで行われるMRIや血液検査に加え、臨床心理士による神経心理学検査を行い、認知機能を詳細に調べることで認知症の早期発見が可能です。

当院の脳ドックの特徴

脳ドックのスタッフ 脳ドック個室
  • 当院では神経内科専門医・認知症専門医・脳ドック学会会員の資格をもつ医師による丁寧な診察、詳細な結果説明を受けることが出来ます。
     また、臨床心理士による神経心理学検査も脳ドックのコースに含まれております。
  • ゲストの方に少しでも安心して脳ドックを受診して頂けるよう、くつろいだ雰囲気でお待ちいただける個室をご用意しております。
     脳ドック終了後には当院の管理栄養士によって栄養バランスの計算された軽食をご準備させて頂いております。
  • 当院の脳ドックでは基本コースに加えて受診される方のご要望に合わせていくつかの検査をオプションで選んで頂くことができます。

基本検査

MRI検査
検査内容 詳細
医師問診 健康上の状況、既往歴、家族歴、現在の生活習慣などの質問をします。
MRI検査 磁気の力を利用して、脳の状態を調べます。脳腫瘍、脳梗塞など、脳の病気の早期発見が可能です。
MRA検査 磁気の力を利用して、脳の血管の状態を調べます。脳動脈瘤の有無、脳梗塞の予備軍である血管の狭窄の発見が可能です。
頸動脈エコー 超音波で頸部の欠陥の状態を調べます。頸部動脈の異常の発見が可能です。
頸部MRA 磁気の力を利用して、頸部の血管の状態を調べます。脳や頸の組織に送る動脈の異常の発見が可能です。
心電図 心筋の収縮運動の際に発生する微電流を計測し、波形にして記録する検査です。
血液・尿検査 血液・尿を採取・分析し、健康状態や病気の程度を調べる検査です。
診察 専門医による診察、結果説明と指導です。
CTによる脳の断面画像

オプション検査

  • 骨粗しょう症検査
  • 甲状腺機能検査
  • 前立腺がん検査

脳ドック実施日

火曜日・土曜日 9:00〜12:00、13:30〜17:00(完全予約制)

料金

コース 料金
基本コース 1名様 \39,000
2名様ペア割引 \50,000
※2名様ペア割引は、2名様が同一日・同時間帯に受診される場合に限ります
オプション 骨粗しょう症検査 \1,400
甲状腺機能検査 \3,500
前立腺がん検査 \1,500
※お住まいの市町村やご加入の健康保険組合等で脳ドックへの助成金を給付している場合がございます。各機関へお問い合わせの上、ご利用ください。

脳ドックへのお問い合わせ、ご予約は伊敷病院099-220-4645(代表)までお願い致します。

当院受付にて脳ドックのパンフレットもご準備しております。どうぞお気軽にご相談ください。