病院案内

伊敷病院について

法人名 医療法人有隣会 伊敷病院
住所 〒890-0005
鹿児島市下伊敷2丁目4番15号
電話番号 (代表)099-220-4645
理事長・院長 植村健吾
法人設立 昭和54年6月29日
職員数 174名(平成27年1月1日現在)
病棟施設のご案内
総病床数 229床(指定病床 10床)
南病棟 60床 精神科一般病棟
(神経系病棟)
15対1入院基本料(看護職員 15:1)
看護配置加算あり(看護師 70%以上)
※特別室(1人部屋 5室)も準備いたしておりますのでご利用ください。
西病棟 48床 精神科一般病棟 15対1入院基本料(看護職員 15:1)
看護配置加算あり(看護師 70%以上)
御池病棟 48床 精神科療養病棟 看護職員 15:1
東病棟 54床 認知症治療病棟 看護職員 20:1看護補助者 25:1
認知症夜間対応加算あり(夜勤従事者3名以上)
内科病棟 19床 一般病棟 看護職員 15:1
看護配置加算あり(看護師 70%以上)
※特別室(1人部屋 1室)も準備いたしておりますのでご利用ください。
患者様各位

医療法人有隣会伊敷病院の理事長・院長の植村健吾と申します。
私は伊敷病院のある下伊敷で生まれ育ちました。京都大学で医学を学んだ後、11年に渡り京都大学を基盤として認知症の研究を行って参りました。
これまで学んだことを故郷の鹿児島で実践していきたいと考え、前院長・植村彰より歴史あるこの伊敷病院を引き継ぎました。

私は京都大学神経内科、京都大学先端領域融合医学研究機構、さらにアメリカ・マサチューセッツ総合病院アルツハイマー研究グループ等で認知症の基礎研究をして参りました。現在も京都大学医学部の非常勤講師として勤務し、最先端の医療現場での知見を導入しております。
これらの経験を通して現在確信していることは『認知症にも予防、さらに治療の時代が来た』ということです。最新の医療を地域の医療現場で実践し、皆様の心と身体の健康に貢献していきたいと考えております。

伊敷病院は従来の精神科専門医による診療に、神経内科専門医・認知症学会専門医が加わり、新たに神経内科と精神科の融合した病院として生まれ変わりました。
もの忘れ総合診療センター』、『脳ドック』では医師・臨床心理士などエキスパートによるチームを組んで診療を行います。
MRIなどの検査設備も充実し、もの忘れの病気のみならず、専門医によるパーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患診療も幅広く行うことができます。  

精神科部門では専門医による診療に加え、『地域連携室』による回復期の患者様への手厚いサポートも併せて行っております。
介護するご家族様のご負担を軽減できるよう、介護事業所『おとなりさん』を開設し、在宅での治療や介護をサポートして参ります。

どうぞこれらの病気や介護でお悩みの方々もお気軽にご相談ください。

医療法人有隣会伊敷病院
  理事長・院長 植村健吾